福岡で化粧品製造業許可、化粧品販売業許可

0947-22-4587

未分類

法律で定められた『化粧品』の範囲ですか?

    事業者が扱おうとする化粧品が、法律でいう化粧品にがいとうするかどうかは、その化粧品の成分や効能効果から、使用禁止の成分がしようされていないか?使用禁止量を超えて配合されていないか?などを自己責任で確認する必要があります。

    万が一、化粧品として流通販売した後、禁止成分の配合が判明した場合、全品回収ということになり、さらに法律違反に問われる可能性があるのです。

    したがって、必ず化粧品基準に適合していることを確認する必要があります。

    この点、その商品が化粧品に該当するかどうか、製品の安全性等はしっかりしているのかの確認はなされませんので、あくまでも自己責任で確認しなければならないのです。

    そして、化粧品の基準を逸脱しているものは、医薬部外品や医薬品に該当するのか、もしくは販売不能となってしまいます。

    メールフォームにてのご相談は24時間対応!

    ご相談無料です!

    0947-22-4587

    TOP